がん検診等の特例措置について

Posted on :

がん検診等の特例措置について

新型コロナウイルス感染症の影響により,受診年齢が決まっている検診等を令和元年度に受診できなかった方に対して,今年度の対象者と同様の取り扱いとし検診等を実施します。

1 特例措置の対象者

新型コロナウイルス感染症の影響で令和元年度に受診できなかった方。

福岡市胃がん検診(内視鏡)

R2.4.1~R3.3.31 の間に奇数年齢になる 51 歳以上の方(51 歳,53 歳,55 歳・・・)

福岡市胃がんリスク検査

S59.4.1~S60.3.31 生まれの方(R2 年度 36 歳)
S54.4.1~S55.3.31 生まれの方(R2 年度 41 歳)

2 特例措置の実施期間

令和2年7月1日から令和3年3月31日まで

※ 予約の際に,新型コロナウイルスの影響で令和元年度中に受診できなかったことを受付までお申し出ください。