新型コロナウイルスの検査について

当院で受けることのできる新型コロナウイルス感染症( COVID-19 )の検査です。

【 検査の種類と利用可能な検体 】

新型コロナウイルスの検査
  • (1) 核酸検出検査( real-time RT-PCR ):鼻咽頭ぬぐい液・唾液・鼻腔ぬぐい液。
  • (2) 抗原定量検査:鼻咽頭ぬぐい液( 発症から9日目以内であれば唾液・鼻腔ぬぐい液でも可 )。
  • (3) 抗原定性検査:鼻咽頭・鼻腔ぬぐい液( 発症から9日目以内 )。有症状者は唾液でも可。
  • (4) 抗体検査:血液検査。

【 検体の採取方法 】

鼻咽頭ぬぐい液・唾液・鼻腔ぬぐい液

※ 鼻咽頭ぬぐい液( 医師が採取 ),唾液( 自己採取 ),鼻腔ぬぐい液( 医師が採取 。 抗原定量検査の場合には自己採取可 )。

※ 唾液の採取は,検査30分前までの飲食・歯磨き・うがいを控える必要があります。滅菌容器に 1〜2mL 程度の唾液を 5〜10 分かけてご自分で採取していただきます。

【 結果報告までの時間 】

  • (1) PCR検査:翌日〜翌々日。
  • (2) 抗原定量検査:当日〜翌日。※ 現在,唾液のみ
  • (3) 抗原定性検査:5〜8分( 院内で簡易キットを使用 )。
  • (4) 抗体検査:3〜5日。

※ 流行期など検体処理数が大幅に増加した際には,結果報告の時間が遅れることがあります。

※ (3)抗原定性検査は使用するキットの種類により、採取方法・判定時間が異なります。

【 結果報告 】

(1)PCR および(2)抗原定量検査の結果は,当院より直接お電話にてご報告いたします。

【 検査結果の解釈 】

※ (1)PCR (2)抗原定量検査は,症状の有無に関わらず陽性(+)陰性(-)ともに診断が確定します。

※ (2)抗原定量検査(唾液)は,検査結果が0.67pg/mL未満で陰性(-)が確定しますが,0.67以上4.00pg/mL未満の場合はPCR検査での確認が必要となる場合もあります。

※ (3)抗原定性検査は,有症状者( 症状消退者含む )で発症から9日目以内であれば陽性(+)陰性(-)ともに診断が確定します。発熱などの症状がない場合(検体中のウイルスの量が少ない場合)は偽陰性となる可能性が高くなります。

※ (4)抗体検査はウイルスのスパイク蛋白に対するIgG抗体を定量的に測定します(ワクチン接種前後の免疫状態・免疫応答の評価等に使用します。診断には利用できません:保健適用外)。

【 留意事項 】

※ 全ての検査において偽陽性・偽陰性が発生する可能性があります。

※ 陰性( 検出限界以下 )の場合には,感染初期の可能性も考慮し,自宅待機の際にも基本的な感染予防対策を怠らず,自覚症状の経過観察が必要です。

※ 検査対象や検査の方法等については、今後、変更となる可能性があります。

PCRの検出限界 SARS-COV-2抗体

【 当院における診療方針 】

※ COVID-19の検査が必要な場合には,基本的には鼻咽頭ぬぐい液によるPCR検査を行います。

※ COVID-19の流行期には,一定の症状を有する場合、先に(3) 抗原定性検査 を行い,陰性(-)の場合にPCR検査を追加して行う場合があります。

※ 季節性インフルエンザの流行期には,インフルエンザ抗原迅速診断キットを併用,あるいはCOVID-19とインフルエンザが同時測定可能なキットを用います。

※ スワブによる検体採取が苦手な方は,唾液や鼻かみ液( インフルエンザキット )による検査となります。

【 自己負担金 】

※ COVID-19の診断を目的に行われる(1)PCR (2)(3)抗原検査自体に費用はかかりませんが,初診料や採血などの検査,内服薬の処方等は通常の保険診療となりますので自己負担金が生じます。
( COVID-19と診断された場合は、診断後の検査や治療は公費負担となります )